ナンパピープルについて

ナンパピープルについて

2016年12月に開設。ナンパ初心者やこれからナンパを始める人、ナンパを頑張ってるけど成果が出ないという人など…

そのような方々に、確実にナンパで成果を出すためにはどうすればいいのか?という情報をメインに書いています

それと、出会い系サイトで本当に出会える『上手な出会い系サイトの使い方』も、超詳しく記事にしています

サイト名の由来

サイト名の『ナンパピープル』なんですが、とりあえずタイトルの頭にナンパってつけたくて、ナンパなんちゃら~でずっと悶々と考えてました

で、それを自宅で考えてる時、本棚にある村上春樹さんの『TVピープル』という短編小説集が目に入り、そこからピープルを頂きました

ナンパピープル。いい名前かどうかは別として、とりあえず読者の方たちが覚えやすかったらいいかなと、、

略して『ナンピー』、これはちょっとダサいか…

記事を書いてる人について

このサイトの記事を書いてる『もっちー』です

Web関連のお仕事&風俗嬢とキャバ嬢のスカウトマンやってます

今までの人生、どっぷり水商売で、高校を卒業後、ちょっとだけフリーターをやって(ガソリンスタンドとカラオケ屋の店員)
その後はホスト⇒風俗スタッフ⇒スカウトマンという人生です、、

ナンパピープルの開設理由

なぜ僕がこのようなサイトを開設したかというと、この今までの仕事経歴が大きく関係しています

まずホスト時代に、路上でのキャッチ以外で集客に繋がればなーって思って、SNSや出会い系サイトを使っていました

ホストで全く稼げなかった最初の数ヶ月間、休みの日もひたすらキャッチの練習でナンパもしてました

その後スカウトに転身してからも、SNSや出会い系サイトはもちろんの事、スカウトがスランプの時は気分転換にナンパをしたりしています

イチイチ数とか数えてないんで詳しい数は公表出来ないんですけど、たぶん出会い系サイトやSNS、ナンパで、200人くらいは女の子と出会ったような気がします(笑)もっと多いかもしれませんし、もう少し少ないかもしれません。そこらへん曖昧です。。

僕がそうやって多くの女性と出会ってきたのは、もちろん仕事での経験を活かしてきたというのもあるんですけど、ナンパや出会い系サイトでやって来たことは、そんなに難しい事でも特別な事でもありません

今までの経験上、ナンパでも出会い系サイトでも、正しいやり方をコツコツやっていけば、ほとんどの人は間違いなく成果を出せると僕は確信しているので、それを伝えたいと思い、このナンパピープルを開設しました

ナンパピープルは『読者のナンパテクニック向上』を目的としています

あと、世の中には多くのナンパに関するブログが溢れかえっていますが、その多くが真偽のよく解らないナンパ実践記です

ナンパ初心者の人がそれを読んで、面白いな~羨ましいな~と思うことはあっても、ナンパの実力が身に付く事はまずありません

ナンパピープルはそういった多くのナンパ実践記ブログとは全く真逆の方向で運営しており、読んで実践する事でナンパの実力が上がる、読者のナンパテクニック向上を目的とした記事をメインに更新しています

今までの経験を元に記事を書いています

仕事でホストやって、風俗で働いて、スカウトやって、SNSや出会い系サイトやナンパもやって

まあこんな人生なんで、普通の人よりいろんな経験したり、女性について学ぶこともたくさんあった訳です

そういう経験を元に、このサイトの記事を書いています

そこで僕が今までにどんな仕事をしてきたか、簡単に紹介したいと思います

ホスト時代

僕がホストになったのは、フリータ時代、たまたま見た求人情報に『時給5000円!月給90万円!!』みたいな派手な広告が出ていて、それに見事に釣られて面接に行ったからです(笑)

で、面接に行って、給料の説明をされた時、広告に記載されてた『時給5000円!月給90万円!!』とあまりにも違いすぎたので
『時給5000円!月給90万円!!』って書いてたんですけど…って恐る恐る聞いてみると

あ~あれは頑張ればそれぐらいは稼げるって事だから。と、全く悪びれる様子もなく、普通に言われました
あんな広告に騙されるお前が悪いみたいな感じで

まあそれでも、ホストには興味があったんで、結局そのお店で働く事に

ちなみに『時給5000円!月給90万円!!』のつもりだった給料、実際は最初の1月目は日給5000円プラス歩合で、2ヶ月目からは完全歩合でした…

ホストはしんどかった…

ホストになった当初は、本当にキツかったです…

うちの店、当時は役職以外は毎日18時出勤で、閉店は一応朝の7時予定

でも店が7時に終わる事なんてまずなくて、お客さんがいる限り営業は続くし、酔っ払ったお客さんとホストがグダグダやり始めると、下手したらお昼過ぎまでグダグダ営業やってる時もあったり…

それを週6日出勤、しかも上下関係恐ろしい程厳しいんで、つねに緊張してピリピリしてるし…

しかも僕、ホストなのにお酒が本当に弱くて
それを知ってる先輩が面白がって飲ませる⇒酔っ払う⇒ロッカーで倒れる⇒先輩に蹴り起こされる⇒起きない⇒殴られる

これも最初はほぼ毎日の恒例行事でした

肉体的にも精神的にも、最初は本当に大変でした。今考えたら、なんであれ我慢できたんだろって不思議で仕方ありません

しかも最初の3ヶ月間、ほとんど自分のお客さんがいなかったんで、給料もほとんどなくてお金も全然なかったのに

こんな店なんで、新人は入ってきてもほとんどが、速攻で辞めてたんですけどね

主任になって店長になった

ホストになって3ヶ月目、後にうちのお店で一番お金を使うお客さんになるバツイチ風俗嬢と出会い、ここからホストとしていろんな事が上手くいくようになりました

ホスト時代は本当にいろんなお客さんがいましたね

お店に通うために365日毎日、風俗で10時間以上働く子とか、会計の時、明細も見ずに財布を渡してくる社長夫人とか
旦那がいて彼氏がいて、セフレが複数いて、ホストにもくる、超美人な人妻風俗嬢とか(笑)

いろんなお客さんのおかげで、ただのくそガキだった僕も、たくさんの未知の経験をさせてもらいました

入店半年後には主任になって下っ端の雑務から解放され、その後もほとんど売上1位から外れる事なく、店長にもなりました

で、店長を1年程やってホストを辞めました

1年間無職で遊び倒す

ホスト時代の激務の反動が出たのか、全く次の仕事の事が考えられず、しかもかなりお金も残せたんで、ホストを辞めてから1年間遊び倒してました

旅行に行ったり、朝からひたすらスロットしてたり、ホスト時代は全く出来なかった、週末の夜に地元の友達とご飯を食べに行ったり

仕事抜きで女の子と遊ぶのがこんなに楽しのか~と感動してたのもこの頃です(笑)

で、そろそろ何か仕事しようかなと考えていた頃、ホスト時代の先輩で、ホストを辞めたあと、風俗店の店長をやっていた先輩から、もしよかったらうちの店で一緒に仕事しない?と誘われました

でも、もう水商売的な事は勘弁と思ってたので断ったんですが、じゃ次の仕事決まるまでバイトでくれば?みたいに言われて、結局それに乗る事に

1日10時間勤務、日給9000円のアルバイトで、今度は風俗店で働く事になりました

風俗店員はすぐ終わった

風俗店にバイトに行って2ヶ月程たった頃、そのお店の運営会社がスカウト部門を立ち上げる事になったんで、ホストの経験がある僕がスカウトをやる事に

後から聞いた話では、これ前提で、僕にここでのバイトの誘いがあったみたいです。。

スカウト部門って言っても、最初は専属スカウトマンもいなく、スカウトマンは僕1人

最初は他のライバルスカウトマンを遠くから眺めつつ、手探りでやってたんですけど、ホスト時代に散々キャッチやってましたからね

同じ感じでスカウトもやってたら、まあこれもそこそこやれました

スカウトは稼げると確信した。だから辞めた

ホストをやってた時は、スカウトマンなんて…って思ってた時期もあったんですが、実際スカウトをやってみると、スカウトマンって稼げるんだなーという事が、よく解りました

で、スカウトをやっていく中で人脈も出来てきて、これならここで雇われなくても自分で出来るなと思ったんで、雇われスカウトマンを退職

個人で風俗とキャバクラのスカウト業を始めました。で、今に至ります

今はそのスカウトの仕事も続けつつ、Web関連の仕事もやっています

いろんな経験値、貯まりまくっています

ホストやって、風俗で働いて、スカウトやって、ナンパやって、出会い系サイトもやって

まあとにかくいろんな男と女を見てきました

なぜこの人はモテるのか?モテないのか?

なんでこの人は女性を惹きつけるのか?どこにどんな魅力があるのか?

あんな感じで声をかければ女性はあんな反応するんだな~などなど…

今までに経験してきたことや、接してきた人たちから見て聞いて感じた経験値、貯りまくっています

必ずあなたのナンパに役立つ情報があると思うので、今後もナンパピープルの更新楽しみにしておいてください♪